観光客の方へ

観光客の方へ

ようこそ、岡山へ。
観光で来られた方も、出張で来られた方も、是非、瀬戸内海の新鮮な魚をご堪能できる夜寿司へお越しください。

岡山で有名な寿司と言えば「ばら寿司」です。
ばら寿司は、ちらし寿司よりももっとたくさん、新鮮な海の幸と彩り豊かな旬の野菜を盛り合わせた岡山の伝統的な郷土料理です。
岡山のばら寿司の特徴は、何と言っても具材の品目数、大きさ、量が多いこと。
季節や地域、家庭によって内容は多少変わるものの、魚のつけ酢と椎茸、干瓢の煮しめなどを切った具を混ぜ込んだご飯を作り、その上に錦糸玉子を敷いて、蓮根、エンドウ、筍、海老、サワラ、焼き穴子、貝などの具材をお皿いっぱいにのせていきます。

なぜそんなに具材が多いのかと言いますと、それはばら寿司が生まれた由来に起因しています。 江戸時代前期、庶民の贅沢を度々禁じた備前岡山藩藩主の池田光政が、汁物以外に副食を一品に制限する倹約令「一汁一菜令」を布告しました。
その「一汁一菜令」をかいくぐる方法として、ばら寿司は生まれたのだと言われています。

夜寿司でも、もちろんばら寿司を取り扱っております。
岡山を訪れた旅の思い出に、人気の「ばら寿司」を、是非、ご賞味ください。

岡山県イメージ画像